業者によって金額が違う?トラブル予防のために相場をチェック

なぜ金額が高い?白蟻駆除の金額を大きく左右するポイント

白蟻駆除は被害状況などによって金額が異なってくる

白蟻駆除は、工法だけではなく、被害状況や建物の構造などによっても金額が異なります。ここでは白蟻駆除の金額を左右する要素について解説します。

白蟻駆除の金額を決めるポイント

白蟻の種類
白蟻は様々な種類がいますが、日本に多く生息しているのは「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」「アメリカカンザイシロアリ」の3種類です。駆除方法が確率されているヤマトシロアリは、駆除金額が安いケースが多いです。しかし加害が広範囲に及ぶイエシロアリの場合は、金額が高くなるケースが多いです。アメリカカンザイシロアリは、駆除方法が確率されていないので、業者によって金額に差が出やすいです。
被害が少ないか大きいか
被害が少ない内に白蟻駆除をしたほうが金額は安く、被害が大きくなるにつれて金額も高くなります。ですから駆除金額を高くしないためにも、被害が少ない内に業者に依頼することが大事です。被害が大きくなると、予防ができなくなることもあるので注意しておきましょう。
建造物の構造
白蟻駆除は、一般的に坪単価で計算されます。ただ、建坪面積で計算している業者もいれば、床面積で計算している業者もいるので注意しましょう。特に被害が広範囲に及びやすいイエシロアリの場合は、金額が高くなりがちなので、しっかり確認しておくことが大切です。また、木造や鉄骨、コンクリートなどの家の素材によっても変動することもあります。

金額が安いところにはご用心!

費用を抑えるために、相場よりもかなり低い金額に設定している業者に依頼するのは止めたほうが良いです。金額が安い業者の場合は、悪徳業者だったり手抜き工事をしていたりする可能性があります。完全に駆除ができないと、再度駆除の必要があるので、結局費用は高額になってしまうのです。ですから金額を安く設定している業者には注意しましょう。

TOPボタン