業者によって金額が違う?トラブル予防のために相場をチェック

白蟻駆除にかかった金額が高額になってしまったら申告をしよう

白蟻駆除の金額は申告すると戻ってくる

業者から見積もりを貰った時に、被害が大きくて、思っていたよりも駆除金額が高くなってしまい肩を落としている方もいるでしょう。しかし白蟻駆除にかかった金額は、確定申告をすることで、金額の一部が戻ってきます。ここでは知っておくと、お得になる情報を紹介します。

駆除にかかった金額は雑損控除の対象

白蟻駆除にかかった金額は、控除対象となる雑損控除に含まれています。白蟻による被害を受けて一定の額以上の損失があると、資産損失の災害と認められます。そのため確定申告で、白蟻駆除にかかった金額を資産維持や修繕費という勘定項目で計上すれば、費用の一部は戻ってくるのです。

確定申告の時に必要なもの

  • 白蟻被害を証明するための、業者が発行する施工報告書などの証明書
  • 白蟻駆除と被害の修繕にかかった金額の領収書
  • 所得税確定申告書の控え
  • 源泉徴収票

白蟻駆除は保険が適用されない

シロアリ被害

白蟻駆除は、火災保険の補償対象外となるので気を付けましょう。火災保険に加入している場合、台風や大雨によって家が被害を受けたら、保険が適用されるため無償で補修ができます。白蟻も台風や大雨と同じように、大きな被害をもたらすため、修繕費用は高額になります。しかし白蟻による被害は、火災保険の保証対象外なので、全額自己負担で修繕しなければならないのです。 白蟻駆除にかかった金額が高ければ高いほど、控除される金額も高くなります。確実に控除してもらうためにも、証明となる業者からもらった費用明細はしっかり残しておきましょう。確定申告の手続きを行なう際に使用することができます。

TOPボタン